機械式時計について知っておきたい基礎的なこと

機械式時計とクオーツ式時計の違いとは

社会人になってフォーマルな場に出るようになると腕時計を身に着けるということがたしなみの一つとなりますが、この時計には大きく分けて機械式時計とクオーツ式時計の二種類が存在します。これらについて一言で説明すると、機械式時計はゼンマイで動く時計、クォーツ式時計は電池で動く時計ということができますが、両者の違いはそれだけではありません。

まず、機械式時計の動力源となるゼンマイは、100年以上前から存在する伝統的なタイプで、これには自動巻と手巻が存在します。自動巻とは、その名の通りムーブメントの腕の部分の動作によってゼンマイが自動で巻き上がるタイプであるのに対し、手巻はリューズを手動で操作することによってゼンマイが巻き上がるタイプとなっています。

次に、クオーツ式時計の動力源は電池ですが、これにも様々な種類が存在します。伝統的なものは使い捨て型の電池を用いたタイプですが、最近では充電式の電池が使われているタイプも増えており、なかでもソーラー充電に対応しているものは電池を交換しなくてもかなり長期間にわたって使用することが可能となっています。

機械式時計のステータス

このように様々なタイプの時計が存在するなかで、ゼンマイによって動く機械式時計はもっともステータスの高い種類であるとされています。その理由は、この種の時計がもっとも繊細な技術を必要とすることに加え、世界的な高級時計店の多くが機械式時計を主力商品として据えているためです。そのため、フォーマルな場に出ることが多い方は、できれば機械式時計を1本手元においておくとよいでしょう。

腕時計の購入を検討しているなら、グランドセイコーについて詳しく調べてみましょう。高機能でデザインが優れている上に、世界的に有名なブランドのため大人気です。