機械式時計を長く使うために!メンテナンスをしよう!

機械式時計にはメンテナンスが必要

機械式の時計の内部は小さな部品を組み合わさっており、非常に精巧に作られています。そして、ゼンマイが開く力でパーツを動かしています。このように高い技術で作られているところが機械式時計の魅力です。しかし、機械式の時計はこの構造上、メンテナンスが欠かせません。細かなパーツが100点以上は使われており、時計が動いていると部品は摩耗し劣化していきます。このため、数年に一度はオーバーホールをして時計をリフレッシュします。

メンテナンスが必要な理由

時計のムーブメント内の潤滑油は時計が動いていると汚れますし、揮発して量が減ってきます。潤滑油はパーツが滑らかに動くように刺されているのですが、減ったり汚れたりしている状態のままでは時計内部のパーツを傷めてしまいます。機械式時計の動力源になっているゼンマイは寿命があるものです。防水機能のある時計なら、ゴムのパッキンも劣化します。オーバーホールでは時計を分解して清掃を行い、潤滑油を注入し再び組みなおします。このとき内部の状態を確認し悪くなった部品があるなら交換します。時計の全体のクリーニングもしてもらえます。

メンテナンスをする期間

オーバーホールをする期間は、人によってまちまちです。3年に一度はオーバーホールをするといった人もいれば、調子が悪くなるまでオーバーホールをしないといった人もいます。しかし、時計を長く使っていきたいなら、3年に一度はオーバーホールをしたほうがいいでしょう。定期的にオーバーホールをすることで時計を良い状態に保てます。

パテックフィリップはとても高級な時計で、世界最高峰のブランドのひとつです。ひとつ何千万円もする時計として有名です。