口で吸って使う点以外はまったく異なる商品!電子タバコと紙巻き煙草の違いとは?

電子タバコは電気の熱で液体を蒸気に変えて吸う

電子タバコと紙巻き煙草は、商品名にタバコという名詞が含まれていることと口で吸う使用方法をとること以外はまったく性質が異なる商品といえます。例えば、紙巻き煙草はライターやマッチの火で燃やしてから吸いますが、電子タバコはバッテリーの電力をつかって内部にある発熱体から熱を発生させ、液体を蒸気にかえてから吸うもので火は一切使いません。このような仕組みとなっているため、紙巻き煙草は基本的には使い捨てとなるなのに対し、電子タバコは補充液がなくなるまでは何度でも吸うことができ、製品によってはなくなったとしても充填すれば再び吸えるようになります。

喫煙者側の受動喫煙対策にもなるのが電子タバコ

受動喫煙が原因の健康被害がクローズアップされるようになって久しいですが、電子タバコを選ぶことは喫煙者側の受動喫煙対策にもつながります。紙巻き煙草には人体に有害な物質がたくさん含まれており、喫煙者本人はもちろん、普段吸わない人も喫煙者の周辺で副流煙を吸う機会が多いほど健康を害する可能性が高くなります。これに対して電子タバコの補充液に含まれている有害な物質の量は紙巻き煙草と比較すると極めて少ないため、喫煙によって自身や周りの人の健康が害される心配はほとんどありません。

コスト面でも紙巻きタバコより電子タバコの方が有利

電子タバコのデメリットの一つとしてよく挙げられるのがお金がかかる点ですが、これは最初に本体一式を買い揃えなければならないためです。しかし、電子タバコは一度本体を手に入れてしまえば、その後かかる費用は補充液をはじめとする消耗品の調達費だけです。使用頻度がある程度高くなったり、使用期間が長くなれば、コスト面でも紙巻き煙草より電子タバコの方が有利になります。

vapeとは電子タバコの一種であり、タバコの葉を含んでいないためニコチンやタールを体内に取り込まずに済みます。そのため禁煙のために禁煙グッズの一つとして、利用する人もいます。