日本では販売不可!?電子タバコのニコチンリキッドの入手方法

ニコチンリキッドは日本では市販されていない

様々なフレーバーがある電子タバコのリキッドですが、日本ではニコチン含有の物は市販されていません。これには理由があり、日本ではニコチン溶液は薬事法で医薬品扱いとなり、許可なく販売や譲渡ができないからです。そして、今のところ許可が下りたニコチンリキッド製品はなく、つまり日本国内でニコチンリキッドを販売・譲渡することは違法行為となるわけです。薬事法でもニコチン溶液を所持・使用することまでは規制されていないので、ニコチンリキッドを手に入れることができれば日本でも使用することができるのです。

日本でニコチンリキッドを入手する手段は個人輸入のみ

薬事法に触れずにニコチンリキッドを手に入れる唯一の方法が個人輸入です。個人輸入とは、海外の製品を個人で使用することを目的として、個人が直接購入することを言います。個人輸入の方法には、直接海外に行って購入する方法と、海外の個人や販売サイトから直接輸入する方法があります。個人輸入をする場合、注意点がいくつかあります。まず、正規の電子タバコ販売店か通販サイトで購入するようにすること。個人から買うのは製品の出どころがわからないこともあり危険が伴います。次に、配送先に会社など個人宅以外の住所を指定しないこと。個人輸入の定義から外れてしまいます。

そして、購入量を守ること。一度に輸入できるのは1か月の使用量分 、ニコチンリキッドの場合はおおよそ120mlまでという制限があります。これを超えたり、超えなくてもあまり頻繁に輸入していると税関に止められる可能性があります。最後に、輸入したニコチンリキッドを絶対に他人に譲ったり売ったりしないこと!ニコチンリキッドをわざわざ個人輸入する理由を、もう一度思い出してください。

pod型vapeとは、使い捨てのリキッドカプセルを使ったものです。コイルやリキッドタンクなどが使い捨てになっているため、面倒なメンテナンスが必要ありません。