賢い中古腕時計の買い方とは?チェックするポイント3選

腕時計本体の状態をチェック

安く買えることが魅力である中古腕時計。ハイブランドであっても新品の半額で買えることも珍しくありません。中古腕時計を買うときには、腕時計本体の状態を確認する必要があります。中古だと使用歴があるため、どうしても新品よりも品質が落ちてしまいます。ケースの細かい傷やサビが付いている時計もあるため、買うときには注意して確認しておきたいポイントです。中古であってもメンテナンスがしっかりされており、状態の良い商品もあります。

付属品が付いているのかチェック

腕時計には付属品が付いていることが多いです。外箱や保証、替えベルトなどが付属しており、腕時計を買ったときに付いてきます。ただし、中古腕時計だと付属品が付いていない場合があるのです。腕時計本体のみで販売されていることもあるため、付属品が欲しい場合は注意しなくてはいけません。また、付属品がすべて揃っている状態であっても破損していることもあります。綺麗な状態の付属品を希望するのであれば、直接自分の目で確認し、傷や汚れなどがないかチェックしておきましょう。

メーカー保証期間をチェック

腕時計にはメーカー保証があることが一般的です。万が一故障した場合に役に立つため、保障があれば安心できます。中古腕時計の場合は、新品の腕時計よりも保証期間が短くなっており、期間が切れていることも少なくありません。メーカー保証を受けたい場合は、保証期間に注意が必要です。中古腕時計販売店によっては、独自の保証が用意されていることもあるため、買うときにはお店選びも重要です。

シャネルの時計は、細身のストラップやダイヤモンドがちりばめられたものなど高級感があり、憧れの時計です。