撮った写真ってどうしてる?残し方について教えます!

デジタル保管は危険って知ってる?

ふとした瞬間に撮影する写真ですが、スマホやPCに置いたままになっている方が多いのではないでしょうか。データとして残しているから大丈夫と考えているなら、危険なので注意が必要です。デジタル保存が危険な理由について知るためにも、理由を覚えてください。

データで保存している写真は、手軽に確認できることがら大変便利です。しかし、保存先が衝撃や劣化により故障すると復元ができなくなります

。友達との思い出や子どもの成長など失くしてはならない思い出が一瞬で飛んでいくのが、デジタル保管の恐ろしいところです。写真を残しておくためにも、写真の保存方法はいくつか用意しておくことがおすすめになります。

写真の残し方って何がある?

データの消失を防ぐには、保存先を複数用意するのがベストです。ここでは、いくつかの残し方についてみていくので覚えておいてください。自分のやりやすい方法を試してみましょう。

1つ目は、写真をプリントしてアルバムに保存する方法です。かさばってしまいますが、最も写真を残すのに有効な方法になります。もし、デジタルデータが消えても物理的な写真を使ってもとに戻すことができるからです。写真の印刷は自宅でも可能なので、いつでも好きな時に思い出を手に取って楽しめます。色味や質感にこだわりたいなら、写真専門店に依頼してプリントすることが良いでしょう。2つ目は、クラウドストレージに保存する方法です。写真を自動的にバックアップしてくれるので、手間なく保存ができます。機械が急に壊れても、クラウド上に写真があるため、いつでも呼び出せるのも魅力といえます。

気に入った写真を1冊のフォトブックにまとめることで、特別な思い出を残していけるというメリットがあります。