アンティーク家具の魅力とは?お手入れの方法も解説

アンティーク家具が持つ魅力について

アンティーク家具の魅力は、大きく分けて3つあります。1つ目は、使用されている木材です。現在のようには木の伐採量や取引に制限がないとともに、頑丈さを重視して家具が作られていたという特徴があります。よってアンティーク家具には、現在では手に入りにくいような希少な木材が贅沢に使用されています。2つ目は、職人による丁寧な装飾です。アンティーク家具には、細部までこだわられた装飾が施されています。具体例としてピアスドカービングや、異なる素材を組み合わせ表面に模様を描く象嵌細工などが挙げられます。

3つ目は、コストパフォーマンスの高さです。アンティーク家具は、大型家具店で取り扱われているような家具と比較すると高価になります。しかし、使用されている木材の希少さやクオリティの高さを含めると、アンティーク家具が高価であるとは言えません。アンティーク家具と同じ素材、装飾でつくられた家具には、手の届かないようなコストがかかってしまいます。

アンティーク家具のお手入れ方法について

アンティーク家具のお手入れは、日常的に行うものと定期的に行うものとに分かれています。普段のお手入れでは、乾いたタオルまたは固く絞ったタオルを用いて拭きます。基本的にアンティーク家具のお手入れを行ううえで求められるのは、水に濡らさないことです。加えて、表面の塗装の種類によっては定期的にワックスを塗り直す必要があります。ワックスを塗り直すと、家具の保護やツヤ出しといった効果が得られます。

アンティーク家具とは製作されてからの経過時間が長いものだけでなく、伝統的なデザインで作られた家具のことでもあります。